#05 新旧アイドル対決

シーズン1 | Rhodes Not Taken

 ウィル(マシュー・モリソン)は、gleeクラブを辞めスクール・ミュージカル「キャバレー」に出演することになったレイチェル(リア・ミシェル)が抜けた穴をどう埋めるかに苦慮していた。そんな時、ライバル校であるカーメル高校に転校した教え子が、ボーカル・アドレナリンで活躍し続けるためにわざと留任して、高校生であり続けていることを知る。

 そこでウィルが高校生の時にgleeクラブのスターだったエイプリル・ローズ(クリスティン・チェノウェス)が単位不足で卒業していないことを思い出し連絡を取る。ところが、久しぶりに再会したエイプリルは酒に溺れ、すさんだ生活を送っていた。

 ウィルの勧めで酒をやめて復学し、gleeクラブへ入ったエイプリルだが、すばらしい歌声は昔のままだった。しかし、エイプリルは他の部員たちに酒や万引きを教えるなど、悪影響を与えてしまう…

 クイン(ディアナ・アグロン)の妊娠で悩むフィン(コリー・モンティス)はエマ(ジェイマ・メイズ)から、gleeの州大会で勝ち、大学へ行くための奨学金を得るためにレイチェルをgleeクラブへ戻るように説得しては?とアドバイスされる。そこでフィンは思わせぶりな態度でレイチェルに近づく。

 ミュージカルの主役に抜擢されたレイチェルだが、学校新聞の記者ジェイコブ(ジョシュ・サスマン)に下着を見せなければ悪い記事を書くと脅迫されたり、芸術監督のサンディ(スティーヴン・トボロウスキー)にイビられるなど、壁にぶつかっていた。そんな時にフィンから思わせぶりな言葉をかけられたレイチェルはミュージカルを辞め、gleeクラブへ戻ることにする。

 ところがgleeクラブでは、クインがフィンの子供を妊娠したことが発覚し噂で持ちきりだった。ショックを受けたレイチェルは再びgleeクラブを去り、ミュージカルに戻る。

 ミュージカルに戻ったレイチェルは、暴走したサンディの変わりに演出の権限もすべて与えられる。念願だったミュージカルで欲しいものをすべて手に入れたかに思えたレイチェルだが、周りに仲間は誰もいなかった…

 そして迎えたgleeクラブの初公演の日、会場に現れたエイプリルは深く酒に酔っていた。エイプリルの裏切りに失望するウィルだが、会場には満員の観客が入っており、仕方なくエイプリルを出演させる。酔ったままステージに出たエイプリルだが、その歌声は観客からの喝采を浴びる。ウィルはその様子を複雑な表情で客席から見る。

 第1幕が終わるとウィルは、酒は飲まないという約束をやぶったエイプリルを辞めさせることを決断する。エイプリルは期待を裏切ってしまったものの、立ち直るきっかけをくれたウィルに感謝し学校を去る。

 エイプリルが去ったため、ウィルは主役がいなくなった公演の第2幕を中止にしようとする。せっかくの初舞台の中止を残念がる部員たち。しかし、そこに現れたのはレイチェルだった…

 

Maybe This Time

glee cast エイプリル & レイチェル
original artist キャバレー」より

s1051

 

Alone

glee cast エイプリル & ウィル
original artist Heart

s1052


ハートの原曲動画

 

Last Name

glee cast エイプリル with New Directions
original artist Carrie Underwood

s1053

Carrie Underwoodの原曲動画

 

Somebody to Love

glee cast New Directions
original artist Queen

s1054

Queenの原曲動画

楽曲/原曲一覧完全版!